第5章 新機能

ここでは、Red Hat Enterprise Linux 8.2 に追加された新機能および主要な機能強化を説明します。

5.1. インストーラーおよびイメージの作成

システムを登録し、RHEL サブスクリプションを割り当て、Red Hat CDN からインストールする機能

RHEL 8.2 では、パッケージのインストール前に、システムを登録し、RHEL サブスクリプションを割り当て、Red Hat コンテンツ配信ネットワーク (CDN) からインストールすることができます。インタラクティブな GUI インストールと、自動キックスタートインストールが、この機能をサポートしています。次の利点があります。

  • サイズの小さい Boot ISO イメージファイルを使用することで、サイズの大きい Binary DVD ISO イメージファイルをダウンロードする必要がなくなります。
  • CDN は最新のパッケージを使用するため、インストール直後に、完全にサブスクライブされた、最新のシステムになります。インストール後にパッケージの更新をインストールする必要はありません。
  • 登録は、パッケージのインストール前に実行されるため、インストールプロセスが短く、簡素化されます。
  • Red Hat Insights の統合サポートが利用可能です。

(BZ#1748281)

インストール時にシステムを Red Hat Insights に登録する機能

RHEL 8.2 では、インストール時にシステムを Red Hat Insights に登録することができます。インタラクティブな GUI インストールと、自動キックスタートインストールが、この機能をサポートしています。

次の利点があります。

  • 事業運営に影響が及ぶ前に、問題を特定し、優先順位を付け、解決することが容易になります。
  • 予測分析により、プロアクティブにセキュリティー、パフォーマンス、可用性、および安定性に対する脅威を特定して修復します。
  • お使いの環境における問題と予定外のダウンタイムを回避します。

(BZ#1746391)

Image Builder では、Azure イメージを作成するために cloud-init サポートが利用できるようになりました。

今回の機能強化により、Image Builder で作成された Azure イメージで cloud-init サポートが利用できるようになりました。その結果、顧客に対し、迅速なプロビジョニング付きのオンプレミスイメージの作成、およびカスタムデータの追加機能が利用可能になりました。

(BZ#1754711)


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。