5.7. 既知の問題

このパートでは Red Hat Enterprise Linux 8.2 の既知の問題を説明します。

5.7.1. インストーラーおよびイメージの作成

キックスタートコマンドの auth および authconfig で AppStream リポジトリーが必要になる

インストール中に、キックスタートコマンドの auth および authconfigauthselect-compat パッケージが必要になります。auth または authconfig を使用したときに、このパッケージがないとインストールに失敗します。ただし、設計上、 authselect-compat パッケージは AppStream リポジトリーでしか利用できません。

この問題を回避するには、BaseOS リポジトリーおよび AppStream リポジトリーがインストーラーで利用できることを確認するか、インストール中にキックスタートコマンドの authselect コマンドを使用します。

(BZ#1640697)

reboot --kexec コマンドおよび inst.kexec コマンドが、予測可能なシステム状態を提供しない

キックスタートコマンド reboot --kexec またはカーネル起動パラメーター inst.kexec で RHEL インストールを実行しても、システムの状態が完全な再起動と同じになるわけではありません。これにより、システムを再起動せずにインストール済みのシステムに切り替えると、予期しない結果が発生することがあります。

kexec 機能は非推奨になり、Red Hat Enterprise Linux の今後のリリースで削除されることに注意してください。

(BZ#1697896)

Anaconda インストールに、最小リソース設定要件の低い制限が含まれています。

Anaconda は最小限のリソース設定を必要とするシステムでインストールを開始し、インストールを成功させるのに必要なリソースに関する以前のメッセージ警告を提供しません。その結果、インストールが失敗し、出力エラーでデバッグや復元の可能性を明確に示すメッセージが提供されない場合があります。この問題を回避するには、システムに、インストールに必要な最小リソース設定 (PPC64 (LE) の場合は 2GB メモリー、x86_64 の場合は 1GB) があることを確認します。これにより、インストールを成功できます。

(BZ#1696609)

reboot --kexec コマンドを使用するとインストールが失敗します。

reboot --kexec コマンドを含むキックスタートファイルを使用すると、RHEL 8 のインストールに失敗します。この問題を回避するには、キックスタートファイルで reboot --kexec の代わりに reboot コマンドを使用します。

(BZ#1672405)

SSH から RHEL 8 初期セットアップを実行できません

現在、SSH を使用してシステムにログインする際に、RHEL 8 の初期セットアップインターフェースは表示されません。これにより、SSH を介して管理される RHEL 8 マシンの初期設定を実行できません。この問題を回避するには、メインのシステムコンソール (ttyS0) で初期設定を行ってから、SSH を使用してログインします。

(BZ#1676439)

インストールプログラムでは、ネットワークアクセスがデフォルトで有効になっていません。

一部のインストール機能、たとえば、コンテンツ配信ネットワーク (CDN) を使用したシステムの登録、NTP サーバーサポート、およびネットワークインストールソースなどには、ネットワークアクセスが必要です。ただし、ネットワークアクセスはデフォルトでは有効になっていません。そのためこの機能は、ネットワークアクセスが有効になるまで使用できません。

この問題を回避するには、インストールの開始時にネットワークアクセスを有効にする起動オプション ip=dhcp を追加します。オプションで、起動オプションを使用して、ネットワーク上にあるキックスタートファイルまたはリポジトリーを渡しても、問題が解決されます。結果として、ネットワークベースのインストール機能を使用できます。

(BZ#1757877)

複数の組織に属するユーザーアカウントの登録に失敗していました

現在、複数の組織に属するユーザーアカウントでシステムを登録しようとすると、登録プロセスが失敗し、You must specifiy an organization for new units (新しいユニットの組織を指定する必要があります)。というメッセージが表示されます。

この問題を回避するには、以下のいずれかを行います。

  • 複数の組織に属さない別のユーザーアカウントを使用します。
  • GUI および Kickstart インストールの Connect to Red Hat 機能で利用できる アクティベーションキー 認証方法を使用します。
  • Connect to Red Hat の登録手順を省略し、Subscription Manager を使用してインストール後にシステムを登録します。

(BZ#1822880)

Binary DVD ISO イメージを使用した GUI インストールを、CDN 登録なしで続行できないことがありました。

Binary DVD ISO イメージファイルを使用して GUI インストールを実行する場合は、Red Hat 機能への接続機能を使用してシステムを登録するまで、インストーラーの競合状態によりインストールが続行できなくなることがあります。この問題を回避するには、以下の手順を実施します。

  1. GUI インストールのインストール インストール概要 画面から インストールソース を選択します。
  2. 自動検出したインストールメディア が選択されていることを確認します。
  3. 完了 をクリックして選択を確定し、インストール概要 画面に戻ります。
  4. インストール 概要 画面に、ローカルメディアインストールソース ステータスとして表示されることを確認します。

これにより、Red Hat への接続機能を使用してシステムを登録しなくてもインストールに進むことができます。

(BZ#1823578)

Binary DVD.iso ファイルのコンテンツをパーティションにコピーしても、.treeinfo ファイルおよび .discinfo ファイルはコピーされません。

ローカルインストールで、RHEL 8 Binary DVD.iso イメージファイルの内容をパーティションにコピーする際に、cp <path>/\* <mounted partition>/dir コマンドの * で、.treeinfo ファイルおよび .discinfo ファイルがコピーされません。インストールを成功させるには、このファイルが必要です。これにより、BaseOS リポジトリーおよび AppStream のリポジトリーが読み込まれず、anaconda.log ファイルのデバッグ関連のログメッセージでしか問題を確認できません。

この問題を回避するには、不足している .treeinfo ファイルおよび .discinfo ファイルをパーティションにコピーします。

(BZ#1687747)

Kickstart インストールでは、自己署名 HTTPS サーバーを使用できません。

現在では、インストールソースが Kickstart ファイルで指定され、--noverifyssl オプションが指定されると、インストーラーは自己署名の https サーバーからのインストールに失敗します。

url --url=https://SERVER/PATH --noverifyssl

この問題を回避するには、Kickstart インストールの開始時に、inst.noverifyssl パラメーターをカーネルコマンドラインに追加します。

以下に例を示します。

inst.ks=<URL> inst.noverifyssl

(BZ#1745064)

リポジトリーの更新が完了する前に CDN を使用した登録解除を試みると、GUI インストールが失敗することがあります。

RHEL 8.2 では、システムを登録し、コンテンツ配信ネットワーク (CDN) を使用してサブスクリプションを割り当てると、GUI インストールプログラムにより、リポジトリーメタデータの更新が開始されます。更新プロセスは、登録およびサブスクリプションプロセスの一部ではないため、Red Hat への接続 ウィンドウで 登録解除 ボタンが有効になります。ネットワーク接続によっては、更新プロセスが完了するのに 1 分以上かかることがあります。更新プロセスが完了する前に 登録解除 ボタンをクリックすると、登録解除プロセスで、インストールプログラムが CDN との通信に必要とする証明書と CDN リポジトリーファイルが削除されるため、GUI インストールが失敗する可能性があります。

この問題を回避するには、Red Hat への接続 ウィンドウで 登録 ボタンをクリックした後に、GUI インストールで次の手順を実行します。

  1. Red Hat への接続 画面から 完了 をクリックして、インストールの概要 画面に戻ります。
  2. インストールの概要 ウィンドウで、インストールソース および ソフトウェアの選択 の斜体のステータスメッセージに処理情報が表示されていないことを確認します。
  3. インストールソースとソフトウェアの選択のカテゴリーが準備できたら、Red Hat への接続 をクリックします。
  4. 登録解除 ボタンをクリックします。

これらの手順を完了したら、GUI のインストール時にシステムの登録を安全に解除できます。

(BZ#1821192)