5.7.2. サブスクリプション管理

syspurpose addonssubscription-manager attach --auto 出力に影響しません。

Red Hat Enterprise Linux 8 では、syspurpose コマンドラインツールの 4 つの属性 (roleusageservice_level_agreement、および addons) が追加されました。現在、roleusage、および service_level_agreement のみが、subscription-manager attach --auto コマンドの実行の出力に影響します。addons 引数に値を設定しても、自動登録されたサブスクリプションには影響がありません。

(BZ#1687900)

キックスタートファイルを使用してRHELをインストールすると、マルチパスストレージデバイスからのデータが失われます。

キックスタートファイルを使用してRHELをインストールすると、ホストに接続されているマルチパスストレージデバイスのデータが失われます。この問題は、ignoredisk --drivesコマンドを使用して指定したマルチパスストレージデバイスを、インストーラが無視できないために発生します。その結果、デバイス上のデータが失われます。

この問題を回避するには、インストール前にデバイスをデタッチするか、ignoredisk --only-useコマンドを使用してインストールするデバイスを指定します。

(BZ#1862131)