11.9. コンパイラーおよび開発ツール

GCC により生成された合成関数により SystemTap が混乱する

GCC の最適化により、その他の関数を部分的にインラインにコピーした合成関数を生成する場合があります。SystemTap や GDB などのツールは、これらの合成関数と実関数を区別できません。これにより、SystemTap は、合成関数と実関数の両方のエントリーポイントにプローブを置くため、1 つの実関数呼び出しに対して、複数のプローブを登録します。

この問題を回避するには、SystemTap スクリプトを変更して再帰を検出し、インライン化された部分関数に関連するプローブの配置を防ぎます。

このサンプルスクリプト

probe kernel.function("can_nice").call { }

は、以下のように変更できます。

global in_can_nice%

probe kernel.function("can_nice").call {
  in_can_nice[tid()] ++;
  if (in_can_nice[tid()] > 1) { next }
  /* code for real probe handler */
}

probe kernel.function("can_nice").return {
  in_can_nice[tid()] --;
}

このスクリプト例では、不明な kprobes や kretprobes、または、真の意図的な再帰など、考えられるすべてのシナリオが考慮されているわけではありません。

(BZ#1169184)


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。