5.4. インフラストラクチャーサービス

graphviz-python3 が CRB リポジトリーで配布されるようになりました。

今回の更新で、graphviz-python3 パッケージが RHEL 8 に追加されました。このパッケージは、Python から Graphviz グラフ描画ソフトウェアを使用するのに必要なバインディングを提供します。

graphviz-python3 パッケージは、サポート対象外の CodeReady Linux Builder リポジトリー (CRB) で配布されている点に留意してください。

(BZ#1704875)

tuned がバージョン 2.13.0 にリベースされました。

tuned パッケージがアップストリームバージョン 2.13.0 にアップグレードされました。主な機能強化は、次のとおりです。

  • アーキテクチャーに依存したチューニングフレームワークが追加されました。
  • 複数の include ディレクティブのサポートが追加されました。
  • sap-hanalatency-performance、および realtime プロファイルのチューニングが更新されました。

(BZ#1738250)

powertop がバージョン 2.11 にリベースされました。

powertop パッケージがバージョン 2.11 にアップグレードされました。これは、以下の主要な変更を提供するものです。

  • EHL、TGL、ICL/ICX プラットフォームのサポート

(BZ#1716721)

BIND が GeoLite Legacy GeoIP に代わって .GeoIP2 に対応するようになりました。

BIND では、GeoLite Legacy GeoIP ライブラリーに対応しなくなりました。今回の更新で、GeoLite Legacy GeoP が GeoIP2 に置き換えられました。これは、libmaxminddb データ形式で提供されます。

新しい形式では、設定変更が必要になる場合があること、また、この形式では、以下のレガシー GeoIP アクセス制御リスト (ACL) 設定をサポートしないことに留意してください。

  • geoip netspeed
  • geoip org
  • ISO 3166 Alpha-3 国名コード

(BZ#1564443)

stale-answer が、DDoS 攻撃の場合に古いキャッシュレコードを提供するようになりました。

以前は、分散型サービス拒否 (DDoS) 攻撃により、権威サーバーが SERVFAIL エラーで失敗していました。今回の更新で、stale-answer 機能が新しいレスポンスを取得するまで期限切れのレコードを提供するようになりました。

serve-stale 機能を有効または無効にするには、次のいずれかを使用します。

  • 設定ファイル
  • リモート制御チャンネル (rndc)

(BZ#1664863)

BIND がバージョン 9.11.13 にリベースされました。

bind パッケージが、バージョン 9.11.13 にアップグレードされました。以下は、主な変更点です。

  • tcp-highwater 統計情報変数が追加されました。この変数は、実行時に記録された同時 TCP クライアントの最大数を表示します。
  • SipHash-2-4 ベースの DNS Cookies (RFC 7873) アルゴリズムが追加されました。
  • minimal-responses 設定オプションがどのように設定されているかに関わらず、プライミングクエリーをルーティングするためのグルーアドレスが返されます。
  • named-checkconf コマンドが、DNS64 ネットワーク接頭辞の有効性を確保するようになりました。
  • trusted-keys および managed-keys ステートメントが両方とも同じ名前に設定されている場合、RFC 5011 ごとの自動ロールオーバーに失敗することがなくなりました。代わりに、警告メッセージがログに記録されます。
  • dig および nslookup ユーティリティーにおける国際化ドメイン名 (IDN) について、処理が端末で実行されない場合 (スクリプトで実行されるなどの場合) 、デフォルトで無効になりました。dig における IDN 処理は、+idnin および +idnout オプションを使用して切り替えることができます。

(BZ#1704328)


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。