第10章 非推奨の機能

ここでは、Red Hat Enterprise Linux 8.2 で 非推奨 となった機能の概要を説明します。

非推奨の機能は、Red Hat Enterprise Linux 8 のライフサイクルが終了するまではサポートされます。非推奨の機能は、本製品の今後のメジャーリリースではサポートされない可能性が高く、新たに実装することは推奨されません。特定のメジャーリリースにおける非推奨機能の最新情報は、そのメジャーリリースの最新版のリリースノートを参照してください。

現行および今後のメジャーリリースでは、非推奨のハードウェアコンポーネントの新規実装は推奨されません。ハードウェアドライバーの更新は、セキュリティーと重大な修正にのみ行われます。Red Hat は、このようなハードウェアの早期交換をお勧めします。

パッケージが非推奨となり、使用の継続が推奨されない場合があります。製品からパッケージが削除されることもあります。その場合には、製品のドキュメントで、非推奨となったパッケージと同様、同一、またはより高度な機能を提供する最近のパッケージが指定され、詳しい推奨事項が記載されます。

RHEL 7 で使用され、RHEL 8 で 削除された 機能の詳細は『RHEL 8 の導入における検討事項』を参照してください。

10.1. インストーラーおよびイメージの作成

複数のキックスタートコマンドおよびオプションが非推奨になりました。

RHEL 8 キックスタートファイルで以下のコマンドとオプションを使用すると、ログに警告が表示されます。

  • auth または authconfig
  • device
  • deviceprobe
  • dmraid
  • install
  • lilo
  • lilocheck
  • mouse
  • multipath
  • bootloader --upgrade
  • ignoredisk --interactive
  • partition --active
  • reboot --kexec

特定のオプションだけが一覧表示されている場合は、基本コマンドおよびその他のオプションは引き続き利用でき、非推奨ではありません。

キックスタートの詳細および変更点は、『RHEL 8 の導入における検討事項』「キックスタートの変更」を参照してください。

(BZ#1642765)

キックスタートコマンド ignoredisk--interactive オプションが非推奨になりました。

Red Hat Enterprise Linux の将来のリリースで --interactive オプション を使用すると、致命的なインストールエラーが発生します。このオプションを削除するには、キックスタートファイルを変更することが推奨されます。

(BZ#1637872)


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。