第1章 概要

Red Hat Enterprise Linux 8.0 は、Fedora 28 およびアップストリームカーネル 4.18 を基に、従来および新しいワードロードに対応するのに必要なツールを備え、ハイブリッドクラウドデプロイメント全体に、安定し、安全で、統一された基盤を提供します。このリリースの主な機能は以下のようになります。

ディストリビューション

  • コンテンツは、BaseOS リポジトリーおよびアプリケーションストリーム (AppStream) リポジトリーから入手できます。
  • AppStream リポジトリーは、従来の RPM 形式の新しい拡張機能 (モジュール) に対応します。これにより、同じコンポーネントのメジャーバージョンを複数インストールできるようになります。

詳細は3章RHEL 8 のコンテンツの配布を参照してください。

ソフトウェア管理

  • YUM パッケージマネージャーは DNF テクノロジーに基づいており、モジュール式コンテンツ、パフォーマンス向上、ツーリングとの統合に使用される、安定し、優れた API を提供します。

詳細は「ソフトウェア管理」を参照してください。

シェルおよびコマンドラインツール

  • RHEL 8 では、バージョン管理システムGit 2.18Mercurial 4.8、および Subversion 1.10 が提供されます。

詳細は「シェルおよびコマンドラインツール」を参照してください。

動的プログラミング言語、Web サーバー、およびデータベースサーバー

  • RHEL 8 におけるデフォルトの Python 実装は Python 3.6 で、Python 2.7 への対応は限定されます。デフォルトでは、いずれのバージョンもインストールされません。
  • RHEL に Node.js が追加されました。RHEL 7 以降、PHP 7.2、Ruby 2.5Perl 5.26SWIG 3.0 などの 動的プログラミング言語 が利用できるようになりました。
  • RHEL 8 では、データベースサーバーMariaDB 10.3MySQL 8.0PostgreSQL 10PostgreSQL 9.6、および Redis 5 が同梱されています。
  • RHEL 8 では Apache HTTP Server 2.4 が提供され、新しい Web サーバー (nginx 1.14) が導入されました。
  • Squid がバージョン 4.4 に更新され、新しい プロキシーキャッシュサーバー (Varnish Cache 6.0) が追加されました。

詳細は「動的プログラミング言語、Web サーバー、およびデータベースサーバー」を参照してください。

デスクトップ

  • GNOME Shell がバージョン 3.28 にリベースしました。
  • GNOME セッションおよび GNOME Display Manager では、デフォルトのディスプレイサーバーとして Wayland が使用されます。RHEL 7 でデフォルトのディスプレイサーバーとして使用されていた X.Org サーバーも利用できます。

詳細は「デスクトップ」を参照してください。

インストーラーおよびイメージの作成

  • Anaconda インストーラーは、LUKS2 のディスク暗号化を使用し、NVDIMM デバイスへのインストールに対応するようになりました。
  • Image Builder ツールでは、さまざまな形式にカスタマイズしたシステムイメージを作成できます。これには、さまざまなプロバイダーのクラウドへのデプロイメント用イメージも含まれます。
  • RHEL 8 の IBM Z では、Hardware Management Console (HMC) および Support Element (SE) を使用した、DVD からのインストールが可能になりました。

詳細は「インストーラーおよびイメージの作成」を参照してください。

カーネル

  • eBPF (extended Berkeley Packet Filtering) 機能を使用すると、ユーザー空間でカスタムプログラムをさまざまなポイント (ソケット、トレースポイント、パケット受信) に接続し、データを受信して処理できます。この機能は テクノロジープレビュー として利用できます。
  • 効率的なカーネルトレースおよび操作プログラムを作成するツールである BPF コンパイラーコレクション (BCC) は、テクノロジープレビュー として利用できます。

詳細は「カーネル」を参照してください。

ファイルシステムおよびストレージ

  • 従来の LUKS (LUKS1) 形式が、LUKS バージョン 2 (LUKS2) 形式に置き換わりました。dm-crypt サブシステムおよび cryptsetup ツールでは、暗号化ボリュームのデフォルト形式として LUKS2 が使用されるようになりました。

詳細は「ファイルシステムおよびストレージ」を参照してください。

セキュリティー

  • システム全体の 暗号化ポリシー により、コア暗号化サブシステムが設定します。デフォルトでは、TLS、IPsec、SSH、DNSSEC、および Kerberos のプロトコルが対象となります。管理者は、新しい update-crypto-policies コマンドを使用すれば、モード (default、legacy、future、および fips) の切り替えが簡単に行えます。
  • PKCS #11 を使用した スマートカード および Hardware Security Modules (HSM) のサポート手順が、システム全体で統一されています。

詳細は「セキュリティー」を参照してください。

ネットワーク

  • iptables に代わり、nftables フレームワークが、デフォルトのネットワークパケットフィルタリング機能を提供します。
  • firewalld デーモンで、デフォルトのバックエンドとして nftables が使用されるようになりました。
  • 複数のコンテナーへのネットワーク接続を有効にする仮想ネットワークドライバー IPVLAN に対応するようになりました。
  • eXpress Data Path (XDP)、XDP for Traffic Control (tc)、および Address Family eXpress Data Path (AF_XDP)、そして拡張 Berkeley Packet Filtering (eBPF) 機能の一部が テクノロジープレビュー として利用できるようになりました。詳細は「ネットワーク」を参照してください。

その他の機能は「ネットワーク」を参照してください。

仮想化

  • RHEL 8 の仮想マシンでより近代的な PCI Express ベースのマシンタイプ (Q35) に対応するようになり、新規に作成すると自動的に設定されるようになりました。これにより、さまざまな機能改善と、仮想デバイスの互換性が追加されました。
  • RHEL 8 Web コンソール (Cockpit としても知られています) から、仮想マシンを作成して管理できるようになりました。
  • QEMU エミューレーターに sandboxing 機能が追加されました。これにより、QEMU が実行するシステムコールに設定可能な制限が課され、仮想マシンがより安全になりました。

詳細は「仮想化」を参照してください。

コンパイラーおよび開発ツール

  • バージョン 8.2 に基づいた GCC コンパイラーは、新しい C++ 言語の標準仕様バージョンに対応します。最適化の改善と、新しいコードの堅牢化技術、警告の改善、そして新しいハードウェア機能に対応します。
  • コード生成、操作、およびデバッグに使用するさまざまなツールが、DWARF5 デバッグの情報形式を実験的に処理できるようになりました。
  • eBPF トレースでのカーネルへの対応が、BCCPCPSystemTap などのツールで利用できます。
  • バージョン 2.28 に基づいた glibc ライブラリーでは、Unicode 11 への対応、新しい Linux システムコール、DNS スタブリゾルバーにおける重要な改善、セキュリティーの強化、パフォーマンスの改善が追加されました。
  • RHEL 8 では、OpenJDK 11、OpenJDK 8、IcedTea-Web、およびさまざまな Java ツール (AntMaven、または Scala など) が提供されます。

詳細は「コンパイラーおよび開発ツール」を参照してください。

高可用性およびクラスター

  • Pacemaker クラスターリソースマネージャーがアップストリームのバージョン 2.0.0 にアップグレードしており、バグ修正および機能強化が数多く追加されました。
  • RHEL 8 の pcs 設定システムで、Corosync 3、knet、およびノード名に完全に対応するようになりました。

詳細は「高可用性およびクラスター」を参照してください。

関連情報

Red Hat Customer Portal Labs

Red Hat Customer Portal Labs は、カスタマーポータルのセクションにあるツールセットで、https://access.redhat.com/labs/ から入手できます。Red Hat Customer Portal Labs のアプリケーションは、パフォーマンスの向上、問題の迅速なトラブルシューティング、セキュリティー問題の特定、複雑なアプリケーションの迅速なデプロイメントおよび設定に役立ちます。最も一般的なアプリケーションには、以下のものがあります。