Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第4章 Active Directory 統合での Samba の使用

Samba は、Red Hat Enterprise Linux にサーバーメッセージブロック(SMB)プロトコルを実装します。SMB プロトコルは、ファイル共有、共有プリンターなど、サーバーのリソースにアクセスするのに使用されます。
Samba を使用して Active Directory(AD)ドメインユーザーをドメインコントローラー(DC)に対して認証することができます。また、Samba を使用してプリンターとローカルディレクトリーを、ネットワークにある他の SMB クライアントと共有することもできます。

4.1. winbindd を使用した認証ドメインユーザー

Samba の winbindd サービスは、Name Service Switch(NSS)のインターフェースを提供し、ローカルシステムにログインする際にドメインユーザーが AD に対して認証できるようにします。
winbindd を使用すると、追加のソフトウェアをインストールしなくてもディレクトリーとプリンターを共有する設定が強化されます。詳細は、Red Hat システム管理者のガイド の Samba のセクションを参照してください。

4.1.1. AD ドメインの参加

AD ドメインに参加し、Winbind サービスを使用する場合は、realm join --client-software=winbind domain_name コマンドを使用します。realm ユーティリティーは、Samba、Kerberos、PAM 用の設定ファイルなどの設定ファイルを自動的に更新します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。