Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

5.2.3.2. 信頼エージェントの設定

信頼環境で新しいレプリカを設定した後に、レプリカには AD 信頼エージェントロール が自動的にインストールされません。レプリカを信頼エージェントとして設定するには、以下を実行します。
  1. 既存の信頼コントローラーで、ipa-adtrust-install --add-agents コマンドを実行します。
    [root@existing_trust_controller]# ipa-adtrust-install --add-agents
    このコマンドは、対話型設定セッションを開始し、エージェントの設定に必要な情報の入力を求めます。
    --add-agents オプションの詳細は、ipa-adtrust-install(1) の man ページを参照してください。
  2. 新しいレプリカでは、次を実行します。
    1. IdM サービスを再起動します。
      [root@new_trust_controller]# ipactl restart
    2. SSSD キャッシュからエントリーをすべて削除します。
      [root@new_trust_controller]# sssctl cache-remove
      注記
      sssctl コマンドを使用するには、sssd -tools パッケージをインストールする必要があります。
    3. 必要に応じて、レプリカに AD 信頼エージェント ロールがインストールされていることを確認します。
      [root@new_trust_controller]# ipa server-show new_replica.idm.example.com
      ...
      Enabled server roles: CA server, NTP server, AD trust agent