Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

4.2.2. SMB 共有アクセスでの SSSD と Winbind 間の切り替え

この手順では、SSSD クライアントから SMB 共有にアクセスするために使用される SSSD プラグインと Winbind プラグインを切り替える方法を説明します。Winbind が SMB 共有にアクセスするには、クライアントに cifs-utils パッケージがインストールされている必要があります。cifs-utils がマシンにインストールされていることを確認してください。
$ rpm -q cifs-utils
  1. オプション。現在 SSSD または Winbind を使用して SSSD クライアントから SMB 共有にアクセスするかどうかを確認してください。
    # alternatives --display cifs-idmap-plugin
    cifs-idmap-plugin - status is auto.
     link currently points to /usr/lib/cifs-utils/cifs_idmap_sss.so
    /usr/lib/cifs-utils/cifs_idmap_sss.so - priority 20
    /usr/lib/cifs-utils/idmapwb.so - priority 10
    Current `best' version is /usr/lib/cifs-utils/cifs_idmap_sss.so.
    SSSD プラグイン (cifs_idmap_sss.so) がインストールされている場合は、デフォルトで Winbind プラグイン (idmapwb.so) よりも優先度が高くなります。
  2. Winbind プラグインに切り替える前に、Winbind がシステムで実行していることを確認してください。
    # systemctl is-active winbind.service
    active
    SSSD プラグインに切り替える前に、SSSD がシステムで実行していることを確認してください。
    # systemctl is-active sssd.service
    active
  3. 別のプラグインに切り替えるには、alternatives --set cifs-idmap-plugin コマンドを使用して、必要なプラグインへのパスを指定します。たとえば Winbind に切り替えるには、以下を実行します。
    # alternatives --set cifs-idmap-plugin /usr/lib/cifs-utils/idmapwb.so