Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

8.5.2.2. ID ビューのドメイン解決順の設定

このオプションを選択して、特定のドメイン内にあるクライアントに設定を適用します。
たとえば、サブドメインサーバー server.idm.example.com で、subdomain1.ad.example.com からよりも、subdomain2.ad.example.com サブドメインからのログインの方がはるかに多く検出されます。ただし、グローバルな解決順序の状態では、ユーザー名の解決時に、subdomain2.ad.example.com の前に subdomain1.ad.example.com サブドメインのユーザーデータベースが試行されます。特定のサーバーに別の順序を設定するには、特定のビューのドメイン解決順序を設定します。
  1. domain resolution order オプションを指定して ID ビューを作成します。
    $ ipa idview-add example_view --desc "ID view for custom shortname resolution on server.idm.example.com" --domain-resolution-order subdomain2.ad.example.com:subdomain1.ad.example.com
    ---------------------------------
    Added ID View "example_view"
    ---------------------------------
    ID View Name: example_view
    Description: ID view for custom shortname resolution on server.idm.example.com
    Domain Resolution Order: subdomain2.ad.example.com:subdomain1.ad.example.com
  2. クライアントにビューを適用します。以下は例になります。
    $ ipa idview-apply example_view --hosts server.idm.example.com
    -----------------------------------
    Applied ID View "example_view"
    -----------------------------------
    hosts: server.idm.example.com
    ---------------------------------------------
    Number of hosts the ID View was applied to: 1
    ---------------------------------------------
ID ビューの詳細情報は、「8章Active Directory 環境での ID ビューの使用」を参照してください。