8.4. NIS ドメインの IdM への移行

Linux 環境を管理していて、異なる UID や GID がある各種 の NIS ドメインを最新のアイデンティティー管理ソリューションに移行する場合は、ID ビューを使ってホスト固有の UID および GID を既存ホスト向けに設定し、既存ファイルおよびディレクトリーのパーミッション変更を防ぐことができます。
移行プロセスは、以下のようになります。
  1. IdMドメインにユーザーおよびグループを作成します。詳細は以下を参照してください。
  2. ID ビューを既存ホストに使用して、ユーザー作成中に IdM が生成した ID を上書きします。
    1. 個別の ID ビューを作成します。
    2. ユーザーおよびグループの ID 上書きを ID ビューに追加します。
    3. ID ビューを特定のホストに割り当てます。
  3. Linux ドメイン ID、認証、およびポリシーガイド』に従い、「LinuxのドメインID、認証、およびポリシーガイドのインストールとアンインストール」 をします。
  4. NIS ドメインの使用を停止します。