Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

8.2. ID の競合の修正

IdM は ID の範囲 を使用して、異なるドメインからの POSIX ID の競合を回避します。ID 『範囲の詳細は、『Linux ドメイン ID、認証、およびポリシーガイド』の「ID 範囲 」を参照してください』。
IdM は他の種類の ID 範囲と重複を許可する必要があるため、ID ビューの POSIX ID は特別な範囲タイプを使用しません。たとえば、同期で作成された AD ユーザーには、IdM ユーザーと同じ ID 範囲からの POSIX ID があります。
POSIX ID は、IdM の ID ビューで手動で管理されます。そのため、ID の競合が発生した場合には、競合する ID を変更して修正します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。