Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

7.2. ID ビューを使用した手動への同期から信頼への移行

ID ビューを使用すると、AD が以前に AD ユーザー向けに生成した POSIX 属性を手動で変更できます。
  1. 同期された元のユーザーまたはグループエントリーのバックアップを作成します。
  2. 同期されたユーザーまたはグループごとに、以下のいずれかを実行して、IdM が生成した UID および GID を保持します。
    • 特定のホストに適用される ID ビューを個別に作成し、ユーザー ID 上書きを view に追加する。
    • Default Trust View でユーザー ID の上書きを作成します。
    注記
    IdM ユーザーのみが ID ビューを管理できます。AD ユーザーはできません。
  3. 同期された元のユーザーまたはグループエントリーを削除します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。