3.8. デフォルトユーザー設定の変更

realmd システムは、デフォルトのユーザーホームディレクトリーや shell POSIX 属性の変更に対応しています。例えば、POSIX 属性が Windows のユーザーアカウントで設定されていなかったり、これらの属性がローカルシステム上の他のユーザーの POSIX 属性と異なる場合などにこれが必要になることがあります。

重要

本セクションに記載の設定変更が可能なのは、realm join コマンドを実行していない場合のみになります。システムが既に参加している場合は、デフォルトのホームディレクトリーと shell は /etc/sssd/sssd.conf に記載の 「オプション: ユーザーのホームディレクトリーおよびシェルの設定」 ファイルで変更します。
デフォルトのホームディレクトリーと shell POSIX 属性を上書きするには、[users] ファイルの /etc/realmd.conf セクションで以下のオプションを指定します。
default-home
default-home オプションは、ホームディレクトリーが明示的に設定されていないアカウントのホームディレクトリーを作成するテンプレートを設定します。一般的な形式は /home/%d/%u となり、ここでの %d はドメイン名、%u はユーザー名になります。
default-shell
default-shell オプションはデフォルトのユーザーシェルを定義します。サポートされるシステムシェルを受け付けます。
例:
[users]
default-home = /home/%u
default-shell = /bin/bash
これらのオプションについての詳細は、realmd.conf(5) man ページを参照してください。