Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

5.3.4.5. DNA ID 範囲を手動で調整

場合によっては、既存のレプリカの DNA (Distributed Numeric Assignment) の ID範囲を手動で調整する必要があります。たとえば、機能していないレプリカに割り当てられた DNA I D範囲を回復したり、ID が不足している範囲を拡張したりします。
DNA ID 範囲を手動で調整する場合は、新たに調整した範囲が IdM ID 範囲に含まれていることを確認してください。これは、ipa idrange-find コマンドを使用して確認できます。新たに調整した範囲が IdM ID 範囲に含まれていない場合、コマンドは失敗します。
機能していないレプリカから DNA ID 範囲を復元するには、ipa-replica-manage dnarange-show コマンドを使用して、現在割り当てられている DNA 範囲を表示します。現在、デッキ上の DNA 範囲が割り当てられている場合は、ipa-replica-manage dnanextrange-show コマンドを使用します。
重要
重複数 ID 範囲を作成しないでください。サーバーまたはレプリカに割り当てた ID 範囲のいずれかが重複すると、2 つのサーバーが同じ ID 値を異なるエントリーに割り当てる可能性があります。
指定のサーバーの現在の DNA ID 範囲を定義するには、ipa-replica-manage dnarange-set コマンドを使用します。
# ipa-replica-manage dnarange-set masterA.example.com 1250-1499
指定のサーバーの次の DNA ID 範囲を定義するには、ipa-replica-manage dnanextrange-set コマンドを使用します。
# ipa-replica-manage dnanextrange-set masterB.example.com 1500-5000