Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第6章 Active Directory と Identity Management ユーザーの同期

本章では、Active Directory と Red Hat Enterprise Linux Identity Management との間の同期を説明します。同期は、2 つの環境の間接統合の 2 つの方法の 1 つです。フォレスト間信頼(別の推奨方法) 5章Active Directory および Identity Management を使用したフォレスト間の信頼の作成「間接統合」
Identity Management は同期を使用して、Active Directory ドメインに保存されているユーザーデータと、IdM ドメインに保存されているユーザーデータを統合します。パスワードなどの重要なユーザー属性はサービス間でコピーおよび同期されます。
エントリーの同期は、Windows サーバーに接続してそこからディレクトリーデータを取得するのにフックを使用するレプリケーションと同様のプロセスで実行されます。
パスワードの同期は、Windows サーバーにインストールされ、Identity Management サーバーと通信する Windows サービスで実行されます。

6.1. サポート対象の Windows プラットフォーム

同期は、以下のフォレストおよびドメイン機能レベルを使用する Active Directory フォレストでサポートされます。
  • フォレスト機能レベルの範囲 - Windows Server 2008 - Windows Server 2012 R2
  • ドメイン機能レベルの範囲: Windows Server 2008 - Windows Server 2012 R2
前述の機能レベルを使用した同期を明示的にサポートし、テストしているオペレーティングシステムは、以下のとおりです。
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2016
PassSync 1.1.5 以降は、サポートされているすべての Windows Server バージョンと互換性があります。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。