Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

9.4. NUMA-Aware Kernel SamePage Merging (KSM)

Kernel SamePage Merging (KSM) を使用すると、仮想マシンで同一のメモリーページを共有できます。KSM は、システムが NUMA メモリーを使用していることを検出し、異なる NUMA ノード間でページのマージを制御できます。
sysfs /sys/kernel/mm/ksm/merge_across_nodes パラメーターを使用して、異なる NUMA ノード間でのページのマージを制御します。デフォルトでは、すべてのノードのページをマージできます。このパラメーターがゼロに設定されている場合、同じノードのページのみがマージされます。
通常、システムメモリーを過剰にサブスクライブしない限り、KSM 共有を無効にすることで、ランタイムのパフォーマンスが向上します。
重要
KSM が複数のゲスト仮想マシンを備えた NUMA ホスト上のノード間でマージする場合、より離れたノードからのゲストと CPU では、マージされた KSM ページへのアクセスレイテンシーが大幅に増加する可能性があります。
ハイパーバイザーがゲストの共有ページを無効にするように指示するには、ゲストの XML に以下を追加します。
<memoryBacking>
         <nosharepages/>
</memoryBacking>
<memoryBacking> 要素を使用したメモリー設定のチューニングの詳細については、「virsh によるメモリーチューニング」 を参照してください。