Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

5.4. ネットワークチューニング技術

このセクションでは、仮想化環境でネットワークパフォーマンスをチューニングするための手法について説明します。
重要
以下の機能は、Red Hat Enterprise Linux 7 ハイパーバイザーと仮想マシンでサポートされていますが、Red Hat Enterprise Linux 6.6 以降を実行している仮想マシンでもサポートされています。

5.4.1. ブリッジのゼロコピー送信

ゼロコピー送信モードは、大きなパケットサイズで効果的です。通常は、スループットに影響を与えることなく、ゲストネットワークと外部ネットワーク間で大きなパケットを送信する際のホスト CPU オーバーヘッドが最大 15% 削減されます。
これは、ゲストとゲスト間、ゲストとホスト間、または小さなパケットのワークロードのパフォーマンスには影響を与えません。
ブリッジのゼロコピー送信は、Red Hat Enterprise Linux 7 仮想マシンで完全にサポートされていますが、デフォルトでは無効になっています。ゼロコピー送信モードを有効にするには、vhost_net モジュールの experimental_zcopytx カーネルモジュールパラメーターを 1 に設定します。詳細な手順については、Virtualization Deployment and Administration Guide を参照してください。
注記
通常、追加のデータコピーは、サービス拒否攻撃や情報漏えい攻撃に対する脅威軽減手法として、送信中に作成されます。ゼロコピー送信を有効にすると、この脅威軽減手法が無効になります。
パフォーマンスの低下が見られる場合、またはホストの CPU 使用率が問題にならない場合は、experimental_zcopytx を 0 に設定することで、ゼロコピー送信モードを無効にできます。