Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

2.2. 仮想パフォーマンス監視ユニット (vPMU)

仮想パフォーマンスモニターリングユニット (vPMU) は、ゲスト仮想マシンがどのように機能しているかを示す統計を表示します。
仮想パフォーマンスモニターリングユニットを使用すると、ユーザーはゲスト仮想マシンで発生する可能性のあるパフォーマンス問題の原因を特定できます。vPMU は、Intel の PMU (Performance Monitoring Units) に基づいており、Intel マシンでのみ使用できます。
この機能は、Red Hat Enterprise Linux 6 または Red Hat Enterprise Linux 7 を実行しているゲスト仮想マシンでのみサポートされ、デフォルトでは無効になっています。
システムで vPMU がサポートされているかどうかを確認するには、次のコマンドを実行して、ホスト CPU の arch_perfmon フラグを確認します。
# cat /proc/cpuinfo|grep arch_perfmon
vPMU を有効にするには、ゲスト XML で cpu modehost-passthrough として指定します。
# virsh dumpxml guest_name |grep "cpu mode"
<cpu mode='host-passthrough'>
vPMU を有効にした後、ゲスト仮想マシンから perf コマンドを実行して、仮想マシンのパフォーマンス統計を表示します。