Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

8.2.2. virsh によるメモリーチューニング

ゲスト XML 設定のオプションの <memtune> 要素を使用すると、管理者はゲスト仮想マシンのメモリー設定を手動で設定できます。<memtune> を省略した場合、仮想マシンは、仮想マシンの作成時に割り当てられた方法に基づいてメモリーを使用します。
仮想マシンの <memtune> 要素でメモリーパラメーターを表示または設定するには、virsh memtune コマンドで、実際の環境に応じて値を置き換えてください。
# virsh memtune virtual_machine --parameter size
オプションのパラメーターは次のとおりです。
hard_limit
仮想マシンが使用できる最大メモリー。単位はキビバイト (1024 バイトのブロック) です。
警告
この制限を低く設定しすぎると、仮想マシンがカーネルによって強制終了される可能性があります。
soft_limit
メモリー競合中に強制するメモリー制限。単位はキビバイト (1024 バイトのブロック) です。
swap_hard_limit
仮想マシンが使用できる最大メモリーとスワップ。単位はキビバイト (1024 バイトのブロック) です。swap_hard_limit 値は、hard_limit 値よりも大きくなければなりません。
min_guarantee
仮想マシンに保証される最小メモリー割り当て。単位はキビバイト (1024 バイトのブロック) です。
注記
virsh memtune コマンドの使用の詳細については、# virsh help memtune を参照してください。
オプションの <memoryBacking> 要素には、仮想メモリーページがホストページによってどのようにバックアップされるかに影響を与えるいくつかの要素が含まれる場合があります。
locked を設定すると、ホストはゲストに属するメモリーページをスワップアウトできなくなります。ゲスト XML に以下を追加して、ホストのメモリー内の仮想メモリーページをロックします。
<memoryBacking>
        <locked/>
</memoryBacking>
重要
locked を設定する場合は、<memtune> 要素でhard_limitを、ゲストに設定された最大メモリーと プロセス自体で消費されるメモリーに設定する必要があります。
nosharepages を設定すると、ホストはゲスト間で使用されているのと同じメモリーをマージできなくなります。ハイパーバイザーがゲストの共有ページを無効にするように指示するには、ゲストの XML に以下を追加します。
<memoryBacking>
         <nosharepages/>
</memoryBacking>