Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

5.5. ネットワークパケットのバッチ処理

長い転送パスの設定では、パケットをバッチ処理してからカーネルに送信することで、キャッシュが有効に活用される場合があります。
バッチ処理できるパケットの最大数を設定する場合、N がバッチ処理するパケットの最大数です。
# ethtool -C $tap rx-frames N
type='bridge' または type='network' インターフェイスの tun/tap rx バッチ処理を提供するには、次のようなスニペットをドメイン XML ファイルに追加します。
...
<devices>
  <interface type='network'>
    <source network='default'/>
    <target dev='vnet0'/>
      <coalesce>
        <rx>
          <frames max='7'/>
        </rx>
      </coalesce>
  </interface>
</devices>