Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第4章 tuned と tuned-adm

この章では、tuned デーモンを使用して、仮想化環境でシステム設定を調整する方法について説明します。
tuned は、CPU 集中型タスクや、ストレージ/ネットワークスループットの応答などの特定のワークロードの特性に対して Red Hat Enterprise Linux を調整するプロファイル配信メカニズムです。これにより、特定のユースケースで、パフォーマンスを強化し、電力消費を減らすように事前設定されたチューニングプロファイルを多数利用できます。仮想化環境に適したパフォーマンスソリューションを作成するには、これらのプロファイルを編集するか、または新規プロファイルを作成します。
tuned の一部として提供される仮想化関連のプロファイルは次のとおりです。
virtual-guest
virtual-guestthroughput-performance プロファイルをベースにしており、仮想メモリーのスワップも減少します。
virtual-guest プロファイルは、Red Hat Enterprise Linux 7 ゲスト仮想マシンを作成するときに自動的に選択されます。これは、仮想マシンに推奨されるプロファイルです。
このプロファイルは Red Hat Enterprise Linux 6.3 以降で使用できますが、仮想マシンをインストールするときに手動で選択する必要があります。
virtual-host
throughput-performance プロファイルに基づき、virtual-host はダーティページのより積極的なライトバックも有効にします。このプロファイルは、KVM ホストと Red Hat Virtualization (RHV) ホストの両方を含む仮想化ホストに推奨されるプロファイルです。
デフォルトでは、Red Hat Enterprise Linux 7 のインストールでは、tuned パッケージがインストールされ、tuned サービスが有効になります。
利用可能な全プロファイルを一覧表示して、現在アクティブなプロファイルを特定するには、以下を実行します。
# tuned-adm list
Available profiles:
- balanced
- desktop
- latency-performance
- network-latency
- network-throughput
- powersave
- sap
- throughput-performance
- virtual-guest
- virtual-host
Current active profile: throughput-performance
カスタム tuned プロファイルを作成して、一連のチューニングパラメーターをカプセル化することもできます。カスタム tuned プロファイルを作成する手順については、tuned.conf の man ページを参照してください。
現在アクティブなプロファイルのみを表示するには、以下を実行します。
tuned-adm active
別のプロファイルに切り替える場合は、以下を実行します。
tuned-adm profile profile_name
たとえば、virtual-host プロファイルに切り替えるには、以下を実行します。
tuned-adm profile virtual-host
重要
Red Hat Enterprise Linux 7.1 以降で tuned プロファイルを設定した後、再起動後に設定済みプロファイルを適用するために tuned サービスが有効になっていることを確認してください。
# systemctl enable tuned
場合によっては、tuned を無効にして、手動で設定されたパラメーターを使用することが望ましいこともあります。現在のセッションのすべてのチューニングを無効にするには、以下を実行します。
# tuned-adm off
tuned を永続的に無効にし、実行したすべての変更を元に戻すには、以下を実行します。
# tuned-adm off; systemctl disable tuned
注記
tuned の詳細については、Red Hat Enterprise Linux 7 Performance Tuning Guide を参照してください。