Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第6章 I/O スケジューリング

入出力 (I/O) スケジューラーを使用して、Red Hat Enterprise Linux 7 が仮想化 ホスト である場合と仮想化 ゲスト である場合の両方で、ディスクのパフォーマンスを向上させることができます。

6.1. 仮想化ホストとして Red Hat Enterprise Linux を使用した I/O スケジューリング

仮想化ゲストのホストとして Red Hat Enterprise Linux 7 を使用する場合、通常はデフォルトの deadline スケジューラーが理想的です。このスケジューラーは、ほぼすべてのワークロードで適切に機能します。
ただし、ゲストワークロードでの I/O レイテンシーを最小化するよりも、I/O スループットを最大化することが重要な場合は、代わりに cfq スケジューラーを使用することが推奨されます。