4.2. SELinux と強制アクセス制御 (MAC)

Security-Enhanced Linux (SELinux) は、Linux カーネルにおける MAC の実装です。標準の任意アクセス制御 (DAC) がチェックされたあとに、許可された操作をチェックします。SELinux は、実行中のプロセスとそれらの動作 (例: ファイルシステムオブジェクトへのアクセスを試みるなど) に対して、ユーザーがカスタマイズ可能なセキュリティーポリシーを適用することができます。Red Hat Enterprise Linux では SELinux がデフォルトで有効化されており、アプリケーションやシステムサービス (例: ハイパーバイザー) の脆弱性の悪用によって生じる可能性のある潜在的被害の範囲を制限します。
sVirt は、仮想化管理用の抽象化レイヤーである libvirt と一体化して、仮想マシン用の MAC フレームワークを提供します。このアーキテクチャーは、libvirt によってサポートされている全仮想化プラットフォームと、sVirt によりサポートされている全 MAC 実装が相互運用可能となります。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。