第5章 仮想化環境におけるネットワークセキュリティー

5.1. ネットワークセキュリティーの概要

大半の状況では、ネットワークはシステム、アプリケーション、管理インターフェースへの唯一のアクセス方法です。ネットワークは、仮想化システムおよびそれらのシステムでホストされているアプリケーションの可用性の管理において極めて重要な役割を果たすので、仮想化システムとデータをやり取りするネットワークチャネルをセキュアな状態に確保することは非常に重要です。
ネットワークのセキュリティー保護により、管理者は機密データのアクセスを制御して、情報の漏えいや改ざんから保護することができます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。