5.2. 仮想化マシンマネージャーのインターフェース

ここでは、仮想マシンマネージャーのユーザーインターフェースについて説明します。ユーザーインターフェースには 仮想マシンマネージャーのメインウインドウ仮想マシンウインドウ が含まれます。

5.2.1. 仮想マシンマネージャーのメインウィンドウ

次の図は、仮想マシンマネージャーのメインウインドウインターフェースを示しています。
仮想マシンマネージャーのウィンドウ

図5.2 仮想マシンマネージャーのウィンドウ

仮想マシンマネージャーのメインウインドウのタイトルバーには 仮想マシンマネージャー が表示されます。

5.2.1.1. メインウィンドウのメニューバー

以下の表に、仮想マシンマネージャーのメインウインドウメニューのエントリーを示します。

表5.1 仮想マシンマネージャーのメインウィンドウメニュー

メニュー名メニュー項目説明
ファイル接続を追加「接続を追加」ダイアログを開き、ローカルまたはリモートハイパーバイザーに接続します。詳細は、『Red Hat Enterprise Linux 仮想化の導入および管理ガイド』の「リモート接続の追加」を参照してください。
新しい仮想マシン「新しい仮想マシン」ウィザードを開き、新しいゲスト仮想マシンを作成します。詳細は、『Red Hat Enterprise Linux 仮想化の導入および管理ガイド』の「virt-manager を使用したゲストの作成」を参照してください。
閉じる仮想マシンウインドウを閉じずに仮想マシンマネージャーを閉じます。稼働中の仮想マシンは停止されません。
終了仮想マシンマネージャーとすべての仮想マシンウインドウを閉じます。稼働中の仮想マシンは停止されません。
編集接続の詳細選択した接続の「接続の詳細」ウインドウを開きます。
仮想マシンの詳細選択した仮想マシンの「仮想マシン」ウインドウを開きます。詳細は「仮想マシンペイン」を参照してください。
削除選択した接続または仮想マシンを削除します。
設定仮想マシンマネージャーのオプションを設定する「設定」ダイアログボックスを開きます。
表示グラフ
  • 仮想マシン CPU 使用率
  • ホスト CPU 使用率
  • メモリーの使用率
  • ディスク I/O
  • ネットワーク I/O
仮想マシンマネージャーのメインウインドウで仮想マシンのパラメーターの表示を調整します。
ヘルプこのアプリケーションについて仮想マシンマネージャーに関する情報をウインドウに表示します。

5.2.1.2. メインウィンドウのツールバー

以下の表は、仮想マシンマネージャーのメインウインドウにあるアイコンを示しています。

表5.2 仮想マシンマネージャーのメインウィンドウのツールバー

アイコン説明
「新しい仮想マシン」ウィザードを開いて、新しいゲスト仮想マシンを作成します。
選択した仮想マシンの「仮想マシン」ウインドウを開きます。
選択した仮想マシンを起動します。
選択した仮想マシンを一時停止します。
選択した仮想マシンを停止します。
メニューを開き、選択した仮想マシンで実行する以下のアクションの 1 つを選択します。
  • 再起動 - 選択した仮想マシンを再起動します。
  • シャットダウン - 選択した仮想マシンをシャットダウンします。
  • 強制的にリセット - 選択した仮想マシンを強制的にシャットダウンおよび再起動します。
  • 強制的に電源OFF - 選択した仮想マシンを強制的にシャットダウンします。
  • 保存 - 選択した仮想ファイルの状態をファイルに保存します。詳細は、『Red Hat Enterprise Linux 仮想化の導入および管理ガイド』の「ゲスト仮想マシンの設定の保存」を参照してください。

5.2.1.3. 仮想マシンリスト

仮想マシンリストには、仮想マシンマネージャーが接続されている仮想マシンのリストが表示されます。リスト内の仮想マシンは、接続ごとにグループ化されます。テーブル列のヘッダーをクリックすると、リストを並べ替えることができます。
仮想マシンリスト

図5.3 仮想マシンリスト

仮想マシンリストには、各仮想マシンで使用されているリソースに関する情報を示すグラフが表示されます。編集 メニューにある 設定 ダイアログの ポーリング タブからリソースを表示できるようにします。仮想マシンリストに表示できるリソースは次のとおりです。
  • CPU の使用率
  • ホスト CPU の使用率
  • メモリーの使用率
  • ディスク I/O
  • ネットワーク I/O
表示 メニューの グラフ メニュー項目を使用すると、表示するリソースを選択できます。

5.2.2. 仮想マシンウインドウ

ここでは、仮想マシンウインドウのインターフェースについて説明します。
仮想マシンウインドウ

図5.4 仮想マシンウインドウ

タイトルバーには、仮想マシンの名前と仮想マシンが使用する接続が表示されます。

5.2.2.1. 仮想マシンウインドウのメニューバー

仮想マシンウインドウメニューのエントリーは次のとおりです。

表5.3 仮想マシンウインドウのメニュー

メニュー名メニュー項目説明
ファイル仮想マシンマネージャーを表示メインの仮想マシンマネージャーのウィンドウを開きます。
閉じる仮想マシンを停止せずに仮想マシンウインドウのみを閉じます。
終了すべての仮想マシンマネージャーウインドウを閉じます。実行中の仮想マシンは停止されません。
仮想マシン実行仮想マシンを実行します。このオプションは、仮想マシンが実行されていない場合にのみ使用できます。
一時停止仮想マシンを一時停止します。このオプションは、仮想マシンがすでに実行されている場合にのみ使用できます。
シャットダウンメニューを開いて、仮想マシンで実行する以下のアクションの 1 つを選択します。
  • 再起動 - 仮想マシンを再起動します。
  • シャットダウン - 仮想マシンをシャットダウンします。
  • 強制的にリセット - 仮想マシンを強制的にシャットダウンおよび再起動します。
  • 強制的に電源 OFF - 仮想マシンを強制的にシャットダウンします。
  • 保存 - 仮想マシンの状態をファイルに保存します。
クローン仮想マシンのクローンを作成します。詳細は『Red Hat Enterprise Linux 仮想化の導入および管理ガイド』の「virt-manager を使用したゲストのクローン作成」を参照してください。
移行「仮想マシンの移行」ダイアログを開き、仮想マシンを他のホストに移行します。詳細は、『Red Hat Enterprise Linux 仮想化の導入および管理ガイド』の「virt-manager を使用した移行」を参照してください。
削除仮想マシンを削除します。
スクリーンショットの取得仮想マシンコンソールのスクリーンショットを取得します。
USB デバイスのリダイレクト「USB リダイレクト対象のデバイスを選択してください」ダイアログを開き、リダイレクトする USB デバイスを選択します。詳細は、『Red Hat Enterprise Linux 仮想化の導入および管理ガイド』の「USB リダイレクト」を参照してください。
表示コンソール仮想マシンペインにコンソール表示を開きます。
詳細仮想マシンペインに詳細表示を開きます。詳細については、「仮想マシンの詳細ウィンドウ」を参照してください。
スナップショット仮想マシンペインにスナップショット表示を開きます。詳細については、「スナップショットウインドウ」を参照してください。
フルスクリーン仮想マシンコンソールをフルスクリーンモードで表示します。
仮想マシンの画面サイズに合わせるフルスクリーンのディスプレイのサイズを、仮想マシンに設定されたサイズおよび解像度に変更します。
画面の縮小拡大以下のサブメニュー項目の選択に応じて、仮想マシンの表示を調整します。
  • 常に行う - 仮想マシンの表示は常に仮想マシンウインドウのサイズに調整されます。
  • フルスクリーン時のみ - 仮想マシンウインドウがフルスクリーンモードであるときのみ仮想マシンの表示が仮想マシンウインドウのサイズに調整されます。
  • しない - 仮想マシンの表示は仮想マシンウインドウのサイズに調整されません。
  • 仮想マシンのウィンドウを自動的にリサイズ - 仮想マシンウインドウのサイズが調整されると、仮想マシンの表示サイズも自動的に調整されます。
テキストコンソールリストで選択した仮想マシンの表示を表示します。仮想マシンの表示には、シリアル 1グラフィカルコンソール Spice などがあります。
ツールバー仮想マシンウインドウツールバーの表示を切り替えます。
キーの送信
Ctrl+Alt+Backspace
Ctrl+Alt+Delete
Ctrl+Alt+F1
Ctrl+Alt+F2
Ctrl+Alt+F3
Ctrl+Alt+F4
Ctrl+Alt+F5
Ctrl+Alt+F6
Ctrl+Alt+F7
Ctrl+Alt+F8
Ctrl+Alt+F9
Ctrl+Alt+F10
Ctrl+Alt+F11
Ctrl+Alt+F12
Ctrl+Alt+Printscreen
選択したキーを仮想マシンに送信します。

5.2.2.2. 仮想マシンウインドウツールバー

以下の表は、仮想マシンウインドウにあるアイコンを示しています。

表5.4 仮想マシンウインドウツールバー

アイコン説明
仮想マシンのグラフィカルコンソールを表示します。
仮想マシンの詳細ペインを表示します。
選択した仮想マシンを起動します。
選択した仮想マシンを一時停止します。
選択した仮想マシンを停止します。
メニューを開き、選択した仮想マシンで実行する以下のアクションの 1 つを選択します。
  • 再起動 - 選択した仮想マシンを再起動します。
  • シャットダウン - 選択した仮想マシンをシャットダウンします。
  • 強制的にリセット - 選択した仮想マシンを強制的にシャットダウンおよび再起動します。
  • 強制的に電源OFF - 選択した仮想マシンを強制的にシャットダウンします。
  • 保存 - 選択した仮想マシンをファイルに保存します。
仮想マシンペインにスクリーンショット表示を開きます。
仮想マシンコンソールをフルスクリーンモードで表示します。

5.2.2.3. 仮想マシンペイン

仮想マシンペインには以下の 1 つが表示されます。

仮想マシンコンソール

仮想マシンコンソールには、仮想マシンのグラフィック出力が表示されます。
仮想マシンコンソール

図5.5 仮想マシンコンソール

実際のマシンと同じように、マウスとキーボードを使用して仮想マシンコンソールと対話することができます。仮想マシンコンソールには、仮想マシンで実行されているアクティビティーが表示されます。

仮想マシンの詳細ウィンドウ

仮想マシンの詳細ウィンドウには、仮想マシン、そのハードウェア、および設定に関する詳細情報が表示されます。
仮想マシンの詳細ウィンドウ

図5.6 仮想マシンの詳細ウィンドウ

仮想マシンの詳細ウィンドウには、仮想マシンのパラメーターのリストが含まれます。リストのパラメーターが選択されると、選択されたパラメーターに関する情報が仮想マシン詳細ウインドウの右側に表示されます。また、仮想マシンの詳細ウインドウを使用してハードウェアを追加および設定することもできます。
仮想マシンの詳細ウインドウに関する詳細は、『Red Hat Enterprise Linux 仮想化の導入および管理ガイド』の「仮想ハードウェアの詳細ウインドウ」を参照してください。

スナップショットウインドウ

仮想マシンのスナップショットウィンドウには、仮想マシンに作成されたスナップショットのリストが表示されます。
仮想マシンのスナップショットウィンドウ

図5.7 仮想マシンのスナップショットウィンドウ

仮想マシンスナップショットウィンドウには、仮想マシン用に保存されたスナップショットのリストが表示されます。リストのスナップショットが選択されると、状態、説明、およびスクリーンショットを含む、選択されたスナップショットの詳細が仮想マシンスナップショットウィンドウの右側に表示されます。仮想マシンのスナップショットウィンドウを使用すると、スナップショットを追加、削除、および実行できます。
スナップショットの管理に関する詳細は、『Red Hat Enterprise Linux 仮想化の導入および管理ガイド』の「スナップショットの管理」を参照してください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。