Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

3.5. ストレージ

仮想マシンのストレージは、仮想マシンに割り当てられた物理ストレージから抽象化されます。これは、準仮想化またはエミュレートされたブロックデバイスドライバーを使用して仮想マシンに割り当てられます。

3.5.1. ストレージプール

ストレージプール は、仮想マシンにストレージを提供する目的で、libvirt が管理するファイル、ディレクトリー、またはストレージデバイスです。ストレージプールは、仮想マシンイメージを格納するストレージ ボリューム に分割されるか、追加のストレージとして仮想マシンに割り当てられます。複数のゲストで同じストレージプールを共有できるため、ストレージリソースの割り当てを改善できます。詳細は、『 Red Hat Enterprise Linux 7 仮想化の導入および管理ガイド』 を参照してください。
ローカルストレージのプール
ローカルストレージプールは、ホストサーバーに直接割り当てることができます。これには、ローカルデバイスのローカルディレクトリー、直接接続したディスク、物理パーティション、および論理ボリューム管理 (LVM) ボリュームグループが含まれます。ローカルストレージプールは、移行を必要としない開発、テスト、および小規模なデプロイメントに便利です。ローカルストレージプールは、ライブマイグレーションをサポートしていないため、多くの実稼働環境には適さない場合があります。
ネットワーク (共有) ストレージプール
ネットワークストレージプールには、標準プロトコルを使用してネットワーク経由で共有されるストレージデバイスが含まれます。virt-manager を使用してホスト間で仮想マシンを移行する場合はネットワークストレージが必要ですが、virsh を使用して移行する場合は任意です。ネットワークストレージプールは、libvirt が管理します。