2.5. 障害復旧

システムが仮想化されていると、障害からの回復がより迅速で容易になります。物理システムでは、何らかの重大な障害が発生すると、通常オペレーティングシステムを完全に再インストールする必要が生じ、回復時間は何時間にも及びます。しかしシステムが仮想化されていれば、マイグレーション機能のおかげで回復ははるかに速くなります。ライブマイグレーションの要件に従っている場合には、仮想マシンは別のホスト上で再起動が可能になり、最大の遅延の理由として考えられるのは、ゲストデータの復元などでしょう。また、仮想化システムはそれぞれ完全に独立しているので、1 つのシステムのダウンタイムが他のシステムに影響することはありません。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。