2.2. パフォーマンス

シングル CPU しかサポートしていなかった以前の仮想化バージョンでは、明らかに仮想マシンのパフォーマンスに制約がありました。これにより、仮想化ソリューションは遅い、という長期にわたる誤解が生み出されました。
しかし、最近の状況は変わりました。最新の仮想化技術により、仮想マシンのスピードは格段に速くなりました。仮想マシンはベアメタルシステムとほぼ同程度の効率性で通常のサーバーアプリケーションを実行できると、ベンチマークで示されています。
  • Red Hat Enterprise Linux 6.4 および KVM は、IBM DB2 データベースと共に完全に仮想化された x86 環境で実行され、ベアメタルパフォーマンスの 88% を実現し、業界をリードする TPC-C ベンチマーク で結果を記録しました。データベースは、これまでリソース需要が高いために、ベアメタルのデプロイメント向けのみに確保されていました。
  • 業界標準である SAP Sales and Distribution (SD) Standard Application Benchmark は、Red Hat Enterprise Linux 6.2 および KVM を同一ハードウェア上で稼働するベアメタルシステムと比較した場合に 85% の仮想化効率 を発揮したとしています。
  • Red Hat Enterprise Linux 6.1 および KVM は、標準性能評価法人 (Standard Performance Evaluation Corporation) が行った SPECvirt_sc2010 ベンチマークで記録的な仮想化パフォーマンス を達成しました。これは公開されている SPECvirt の結果のなかでは最高の仮想パフォーマンス得点となりました。SPECvirt_sc2010 メトリックは、仮想化データセンターサーバー内にあるシステムコンポーネントのエンドツーエンドのパフォーマンスを測定するものです。

注記

仮想化のパフォーマンスチューニングに関する詳細は、Red Hat Enterprise Linux 7 仮想化のチューニングと最適化ガイドを参照してください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。