2.3. マイグレーション

マイグレーションとは、 ゲスト仮想マシンを任意のホストから別のホストに移行するプロセスです。仮想マシンが直接ハードウェア上で実行するのではなく仮想化環境内で実行するために、このマイグレーションが可能となります。仮想マシンのマイグレーションには、ライブとオフラインの 2 つの方法があります。

マイグレーションのタイプ

オフラインマイグレーション
オフラインマイグレーションでは、ゲスト仮想マシンを一時停止させて、仮想マシンのメモリーのイメージを目的のホストに移動します。次に、目的のホスト上で仮想マシンを再開し、仮想マシンがソースホスト上で使用していたメモリーを解放します。
ライブマイグレーション
ライブマイグレーションは、アクティブな仮想マシンを任意の物理ホストから別の物理ホストに移行するプロセスです。詳しくは、仮想化の導入および管理ガイドを参照してください。

2.3.1. 仮想マシンのマイグレーションの利点

移行は以下の点で役立ちます。
負荷の分散
ホストマシンがオーバーロードとなった場合には、仮想マシンは単独でも多数でも、ライブマイグレーションで他のホストに移行できます。同様に、実行されていないマシンでオーバーロードの傾向にある場合には、オフラインマイグレーションで移行することができます。
ホストのアップグレードやホストに変更を加える場合
任意のホスト上にあるハードウェアデバイスにアップグレード、追加、削除などの必要性が生じた場合には、仮想マシンを安全に他のホストに移動させることができます。そのため、いずれかのホストへの変更が原因で、ゲスト側でダウンタイムが生じることはありません。
省エネ
仮想マシンを別のホストに再配分することで、アンロードされたホストシステムの電源を電力使用量の少ない時間帯にオフにして節電とコスト削減が可能になります。
地理的なマイグレーション
仮想マシンは、レイテンシーの短縮または他の理由で別の物理的な場所に移動することが可能です。
移行プロセスで仮想マシンのメモリーが移動されると、その仮想マシンに関連付けられたディスクボリュームも移行されます。このプロセスは、ライブブロックマイグレーションを使用して実行されます。

注記

移行に関する詳細は、Red Hat Enterprise Linux 7 仮想化の導入および管理ガイドを参照してください。

2.3.2. V2V (Virtual to Virtual) の移行

Red Hat Enterprise Linux 7 は、仮想マシンを他のタイプのハイパーバイザーから KVM に変換するツールを提供します。virt-v2v ツールで、Xen、KVM の別バージョン、VMware ESX からの仮想マシンを変換してインポートします。

注記

V2V に関する詳細は、V2V のナレッジ記事 を参照してください。
さらに、Red Hat Enterprise Linux 7.3 以降では、virt-p2v ツールを使用した P2V (Physical to Virtual) の変換をサポートします。詳細は P2V のナレッジ記事 を参照してください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。