第5章 仮想マシンマネージャーの使用

仮想マシンマネージャーはゲスト仮想マシンを作成および管理するグラフィカルツールで、virt-manager とも呼ばれます。本章では、仮想マシンマネージャー の概要と実行方法について説明します。

注記

グラフィカルインターフェースを備えたシステム上でのみ仮想マシンマネージャーを実行できます。
仮想マシンマネージャーの使用に関する詳細は、その他の Red Hat Enterprise Linux 仮想化ガイド を参照してください。

5.1. 仮想マシンマネージャーの実行

仮想マシンマネージャー実行するには、アプリケーションの一覧で仮想マシンマネージャーを選択するか、次のコマンドを実行します。
# virt-manager
仮想マシンマネージャーのメインウィンドウを開きます。
仮想マシンマネージャー

図5.1 仮想マシンマネージャー

注記

virt-manager の実行に失敗した場合は、virt-manager パッケージがインストールされていることを確認してください。virt-manager パッケージのインストールに関する詳細は、『Red Hat Enterprise Linux 仮想化の導入および管理ガイド』の「仮想化パッケージのインストール」を参照してください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。