第2章 仮想化を使用する理由

仮想化は、サーバーのデプロイメントにも個別のデスクトップステーションにも有用です。デスクトップの仮想化は、一元管理のコストを効率化し、障害復旧を改善します。さらに、ssh などの接続ツールを使用すると、デスクトップをリモートから接続することができます。
サーバー用に使用する場合には、仮想化は大規模なネットワークだけでなく、複数のサーバーが含まれるデプロイメントにも利益をもたらします。また、仮想化により、ライブマイグレーションや高可用性、耐障害性、バックアップの効率化が可能です。

2.1. 仮想化コスト

仮想化の導入は費用がかかることもありますが、長期的には節約になる場合が多くあります。以下の利点を検討してみてください。
省電力
仮想化により、複数の物理プラットフォームの必要性がほとんどなくなります。これは、マシン稼働や冷却に使われる電力の節約を意味し、エネルギー費用の削減につながります。マシンの消費電力と必要となる冷却を合わせると、複数の物理プラットフォー厶購入の初期費用は、仮想化の利用により大幅に削減されます。
メンテナンスの省力化
物理システムから仮想化システムへの移行前に十分なプラニングを行うことで、メンテナンスにかかる時間は少なくなります。つまり、部品にかかる費用や人件費が削減されることになります。
インストール済みソフトウェアの使用期限の延長
以前のバージョンのソフトウェアは、より新しいベアメタルマシン上では直接機能しない可能性がありますが、以前のソフトウェアをより大規模かつ高速なシステム上で仮想的に実行することで、新しいシステムのパフォーマンスを活用する一方でソフトウェアの使用期限を延長することができます。
予測可能なコスト
Red Hat Enterprise Linux のサブスクリプションは、仮想化サポートが固定料金なので、コストの予測が容易になります。
スペースの節約
マシンの台数を減らすようにサーバーを統合すると、必要な物理的スペースが減ります。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。