Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

13.3.2. ストレージボリュームの作成

本セクションでは、virsh および Virtual Machine Manager を使用して、ストレージプールからストレージボリュームを作成する方法を説明します。ストレージボリュームを作成したら、ストレージデバイスをゲストに追加することができます。

13.3.2.1. virsh を使用したストレージボリュームの作成

次のいずれかを行います。
  • XML ファイルを使用してストレージボリュームを定義します。
    a.新規デバイスに必要なストレージボリューム情報を含む一時 XML ファイルを作成します。
    XML ファイルには、以下を含む特定のフィールドが含まれている必要があります。
    • 名前 - ストレージボリュームの名前。
    • 割り当て - ストレージボリュームのストレージ割り当ての合計数。
    • 容量 - ストレージボリュームの論理容量。ボリュームがスパースの場合、この値は allocation の値とは異なります。
    • ターゲット - ホストシステムのストレージボリュームのパス、さらに任意でそのパーミッションとラベル。
    以下は、ストレージボリューム定義の XML ファイルの例です。この例では、ファイルは ~/guest_volume.xml に保存されます。
      <volume>
        <name>volume1</name>
        <allocation>0</allocation>
        <capacity>20G</capacity>
        <target>
          <path>/var/lib/virt/images/sparse.img</path>
        </target>
      </volume>
    
    b.virsh vol-create コマンドを使用して、XML ファイルに基づいてストレージボリュームを作成します。
    # virsh vol-create guest_images_dir ~/guest_volume.xml
      Vol volume1 created
    
    c.手順 a で作成した XML ファイルを削除します。
  • virsh vol-create-as を実行して、ストレージボリュームを作成します。
    # virsh vol-create-as guest_images_dir volume1 20GB --allocation 0
  • virsh vol-clone コマンドを使用して、既存のストレージボリュームのクローンを作成します。virsh vol-clone コマンドは、クローンを作成するストレージボリュームを含むストレージプールと、新しく作成したストレージボリュームの名前を指定する必要があります。
    # virsh vol-clone --pool guest_images_dir volume1 clone1