Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

A.13. libvirt で外部スナップショットを作成する回避策

KVM ゲストには、スナップショットには 2 つのクラスがあります。
  • 内部スナップショット は qcow2 ファイル内に完全含まれ、libvirt で完全に対応され、スナップショットの作成、削除、および元に戻すことができます。これは、特にオプションが指定されていない場合に、スナップショットの作成時に libvirt が使用するデフォルト設定です。このファイルタイプは、スナップショットの作成に若干時間がかかり、qcow2 ディスクを必要とする欠点があります。
    重要
    内部スナップショットは積極的に開発されておらず、Red Hat ではそれらの使用を推奨していません。
  • 外部スナップショットは、元のディスクイメージのタイプで機能します。これはゲストのダウンタイムなしに実行でき、安定し、信頼性に優れています。したがって、KVM ゲスト仮想マシンで使用するには、外部スナップショットが推奨されます。ただし、現在外部スナップショットは Red Hat Enterprise Linux 7 では完全に実装されず、virt-manager を使用する場合には利用できません。
    外部スナップショットを作成するには、--diskspec vda,snapshot=external オプションを指定して snapshot-create-as を使用するか、スナップショット XML ファイルにある次のディスク行を使用します
    <disk name=’vda’ snapshot=’external’>
      <source file=’/path/to,new’/>
    </disk>
    
    現在、外部スナップショットは、libvirt が作成できるので、一方向の操作になりますが、これを使用してさらに実行することはできません。回避策としては、libvirt のアップストリームページで説明されています

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。