B.3. ARM システムでの KVM 仮想化の使用

重要

KVM 仮想化は、64 ビット ARM アーキテクチャーの Red Hat Enterprise Linux 7.5 以降で提供されています。そのため、ARM システムでの KVM 仮想化は Red Hat ではサポートされず、本番環境での使用を目的としていません。既知のセキュリティー脆弱性に対応していない可能性があります。また、ARM における KVM 仮想化は急速な開発段階であるため、以下の情報が正確または完全であることは保証されません。

インストール

ARM 向けに Red Hat Enterprise Linux 7.5 に仮想化をインストールするには、以下を行います。
  1. カスタマーポータルのブート可能なイメージ からホストシステムをインストールします。
  2. システムがインストールされた後、次のコマンドを実行して、システムに仮想スタックをインストールします。
    # yum install qemu-kvm-ma libvirt libvirt-client virt-install AAVMF
    正常にインストールするには、Optional チャンネルが有効になっている必要があります。

アーキテクチャーの関連事項

64 ビット ARM アーキテクチャー向けの Red Hat Enterprise Linux 7.5 上の KVM 仮想化は、AMD64 や Intel 64 システムの KVM とは以下の点が異なります。
  • PXE ブートは、virtio-net-device および virtio-net-pci ネットワークインターフェースコントローラー (NIC) でのみサポートされます。また、PXE ブートには AAVMF (ARM Architecture Virtual Machine Firmware) の内蔵 VirtioNetDxe ドライバーを使用する必要があります。 iPXE オプションの ROM はサポートされません。
  • 最大 123 個の仮想 CPU (vCPU) のみを単一のゲストに割り当てできます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。