第5章 サーバーおよびレプリカコンテナーのアンインストール

本章では、Identity Management サーバーまたはレプリカコンテナーをアンインストールする方法を説明します。

5.1. サーバーまたはレプリカコンテナーのアンインストール

この手順では、Identity Management サーバーまたはレプリカコンテナーをアンインストールし、サーバーまたはレプリカがトポロジーから適切に削除されるようにする方法を説明します。

手順

  1. 既存のトポロジーに属するレプリカコンテナーがそのトポロジーから適切に削除されるようにするには、登録したホストで ipa server-del <container-host-name> コマンドを実行します。

    atomic uninstall コマンドが以下を行えないため、この手順は必須です。

    • 切断されていないドメインレベル 1 トポロジーや、最新の認証局 (CA) 、鍵回復機関 (KRA) 、または DNS サーバーが削除されないようにするためにチェックを実行します。
    • 既存のトポロジーからレプリカコンテナーを削除します。
  2. atomic uninstall コマンドを実行して、コンテナー名とイメージ名を追加します。

    $ atomic uninstall --name <container_name> rhel7/ipa-server

5.2. アンインストール後の次のステップ

  • コンテナーのマウントされたデータディレクトリーのバックアップは、/var/lib/<container_name>.backup.<timestamp> にあります。新しいコンテナーを作成する必要がある場合は、バックアップにより、ボリュームに保存されている永続データを再利用できます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。