第8章 HBAC ルールを使用した SSSD コンテナーへのアクセスの付与および制限

Identity Management ドメインでは、各 SSSD コンテナーは、それぞれを異なるホストとして自身を示し、管理者は HBAC (ホストベースアクセス制御) ルールを設定して、個々のコンテナーへのアクセスを許可または制限できます。

Identity Management で HBAC ルールを設定する詳細は、『Linux ドメイン ID、認証、およびポリシーガイド』「ホストベースのアクセス制御の設定」を参照してください。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。