第5章 トラブルシューティング

RHEL 6.10 から RHEL 7.9 へのインプレースアップグレード後に、パッケージ関連の問題をトラブルシューティングして解決します。

5.1. トラブルシューティングのリソース

以下のトラブルシューティングリソースを参照してください。

コンソールの出力

デフォルトでは、Preupgrade Assistant により、エラーおよび重要なログレベルメッセージのみがコンソールに出力されます。デバッグ、情報、および警告のメッセージも出力するには、redhat-upgrade-tool コマンドで --debug オプションを指定します。

ログ

/var/log/upgrade.log ファイルには、アップグレードフェーズで見つかった問題の一覧が表示されます。

レポート

/root/preupgrade/result.html ファイルには、アップグレード前のフェーズで見つかった問題の一覧が表示されます。このレポートは、Web コンソールでも利用できます。詳細は「Web UI からのアップグレードの適合性の評価」を参照してください。