第2章 アップグレードに向けた RHEL 6 システムの準備

この手順では、RHEL 7 へのインプレースアップグレードを実行する前に必要な手順を説明します。

前提条件

  • RHEL 6 から RHEL 7 へのアップグレードで、セットアップがサポートされていることを確認している。詳細は「アップグレードの計画」を参照してください。

手順

  1. システムが Red Hat Subscription Management (RHSM) に登録されていることを確認します。

    RHEL 6 システムが Red Hat ネットワーク (RHN) に登録されている場合は、RHSM に移行する必要があります。詳細は「Red Hat Enterprise Linux での RHN から RHSM への移行」を参照してください。

  2. 最新の RHEL 6 コンテンツにアクセスしていることを確認します。yum-plugin-versionlock プラグインを使用して、パッケージを特定バージョンにロックする場合は、次のコマンドを実行してロックを解除します。

    # yum versionlock clear

    詳細は「指定したバージョンのパッケージ (または指定したバージョン以前のパッケージ) だけをインストールまたはアップグレードできるように yum の使用を制限する方法」を参照してください。

  3. Extras リポジトリーを有効にします。これには、アップグレード前の評価およびインプレースアップグレードに必要なパッケージが含まれます。

    1. サーバーエディションの 64 ビット Intel アーキテクチャーの Server バリアントの場合:

      # subscription-manager repos --enable rhel-6-server-extras-rpms --enable rhel-6-server-optional-rpms
    2. IBM POWER、ビッグエンディアンシステムの場合:

      # subscription-manager repos --enable rhel-6-for-power-extras-rpms --enable rhel-6-for-power-optional-rpms
    3. IBM Z アーキテクチャーの場合:

      # subscription-manager repos --enable rhel-6-for-system-z-extras-rpms --enable rhel-6-for-system-z-optional-rpms
    4. 64 ビット Intel アーキテクチャーの HPC Compute Node バリアントの場合:

      # subscription-manager repos --enable rhel-6-for-hpc-node-extras-rpms --enable rhel-6-for-hpc-node-optional-rpms
  4. Preupgrade Assistant および Red Hat Upgrade Tool をインストールします。

    # yum install preupgrade-assistant preupgrade-assistant-el6toel7 redhat-upgrade-tool
  5. 対応していないパッケージグループをすべて削除します。

    # yum remove @group

    グループ を、サポートされていないグループ名に置き換えます。

  6. 既知の問題 を確認し、必要に応じて回避策を適用します。特に、複数のネットワークインターフェースを持つシステムでは、次のようになります。

    1. システムに静的ルートが設定されている場合は、静的ルートファイルを置き換えます。詳細は「redhat-upgrade-tool がネットワークインターフェースで静的ルートの再設定に失敗し、アップグレードが行われない」を参照してください。
    2. NetworkManager を実行している場合は、NetworkManager を停止してからアップグレードツールを実行してください。詳細は「redhat-upgrade-tool fails to reconfigure the network interfaces, preventing the upgrade to happen」を参照してください。
  7. すべてのパッケージを最新の RHEL 6 バージョンに更新します。

    # yum update
  8. システムを再起動します。

    # reboot
  9. アップグレードを実行する前に、すべてのデータのバックアップを作成して、データの損失を防ぎます。

検証手順

  1. Red Hat Subscription Manager に登録されていることを確認します。

    # yum update

    Loaded plug-ins: エントリーには subscription-manager が含まれている必要があります。

  2. サポート対象のパッケージグループのみがインストールされていることを確認:

    # yum grouplist