3.3. アップグレード前のアセスメントのリザルトコード

Preupgrade Assistant を実行すると、アセスメントの結果が生成されます。アセスメントの結果にはそれぞれコードが割り当てられます。各コードの説明および実行するアクションは、以下の表を参照してください。

表3.1 アップグレード前のアセスメントのリザルトコード

結果コード説明

PASS

問題が見つかりませんでした。

FAIL

アップグレードのリスクが非常に高くなります。インプレースアップグレードができない。

NEEDS_ACTION

アップグレードリスクが高いものがあります。Red Hat Upgrade Tool を実行する前に問題を解決する必要があります。

NEEDS_INSPECTION

中程度または低レベルのアップグレードリスク。アップグレードは失敗しない場合がありますが、システムが完全に稼働しなくなる可能性があります。システムの特定の部分を確認し、必要に応じて問題を修正する必要があります。

FIXED

アップグレードに必要な変更は自動的に適用されました。アクションを実行する必要はありません。

INFORMATIONAL

有用な情報ですが、重要な情報ではありません。

NOT_APPLICABLE

評価したパッケージがシステムにインストールされていません。

ERROR

ツールでエラーが発生しました。この種の問題は Red Hat サポートに報告してください。

notchecked

各モジュールが確認されていません。詳細は 既知の問題 を参照してください。