3.2. Web UI からのアップグレードの適合性の評価

Preupgrade Assistant ブラウザーベースのインターフェースは、複数のシステムから評価レポートを収集し、結果の便利なフィルター処理を提供します。アップグレード手順では、GNOME デスクトップのアップグレードに対応していないため、この手順では、リモート GUI デスクトップに Preupgrade Assistant の結果を表示する方法を説明します。

重要

Preupgrade Assistant Web UI をリモートで使用するには、the Apache HTTP Server をインストールして設定し、ファイルを /etc/httpd/conf.d/ ディレクトリーに追加して、システムで httpd サービスを実行して内容を提供する必要があります。

システムに関するデータをネットワークに公開することが懸念される場合、またはアップグレードしているシステムにコンテンツを追加しないようにする場合は、以下の代替方法を使用して、アップグレード前のアセスメント結果を確認できます。

  • Apache HTTP Server を設定せずに、localhost (127.0.0.1) で Preupgrade Assistant Web UI をローカルで使用。
  • コマンドラインからのアップグレードの適合性の評価」で説明されている手順にリモートで従い、/root/preupgrade/result.html ファイルをリモートシステムにコピーし、リモートシステムの Web ブラウザーで HTML ファイルを開く。

前提条件

手順

  1. Apache HTTP Server および Preupgrade Assistant Web UI をインストールします。

    # yum install httpd preupgrade-assistant-ui
  2. デフォルトで TCP ポート 8099 を介して、ローカルシステムのすべてのネットワークインターフェースで Preupgrade Assistant の Web UI を使用できるようにするには、デフォルトのプライベート httpd のアップグレード前設定をパブリック設定に変更します。

    # cp /etc/httpd/conf.d/99-preup-httpd.conf.public /etc/httpd/conf.d/99-preup-httpd.conf
  3. 任意: IP アドレスの代わりにホスト名 (preupg-ui.example.com など) を使用してアップグレード前アシスタントにアクセスするには、次のコマンドを実行します。

    • アップグレードしているシステムに preupg-ui.example.com の名前を参照するように DNS CNAME レコードを用意します。
    • 99-preup-httpd.conf ファイルの NameVirtualHost 行を NameVirtualHost preupg-ui.example.com:8099 に変更します。
  4. ファイアウォールを実行していて、SELinux を Enforcing モードで使用している場合は、Preupgrade Assistant Web UI サービスで必要なポートへのアクセスを許可します。

    # setsebool httpd_run_preupgrade on
    # iptables -I INPUT -m state --state NEW -p tcp --dport 8099 -j ACCEPT
  5. httpd を再起動し、新しい設定を読み込みます。

    # service httpd restart
  6. 別のシステムの Web ブラウザーから、IP アドレス (http://192.168.122.159:8099 など) またはホスト名 (http://preupg-ui.example.com:8099 など) を使用して、アップグレード前アシスタント Web UI サービスにアクセスします。
  7. 初めて Preupgrade Assistant Web UI にアクセスする際に、認証の有無にかかわらず、UI にアクセスするかどうかを決定します。

    1. 認証を使用して UI にアクセスするには、既存のユーザーとしてログインするか、新しいユーザーを作成します。Submit を選択して新しいユーザーを作成すると、認証システムが自動的に有効になります。
    2. 認証なしでユーザーインターフェースにアクセスするには、認証の無効化 を選択します。
  8. アップグレードを計画しているシステムに戻り、コマンドラインで Preupgrade Assistant Web UI サーバーへの自動送信で、Preupgrade Assistant を実行します。

    # preupg -u http://hostname:port/submit/

    以下に例を示します。

    # preupg -u http://preupg-ui.example.com:8099/submit/
  9. リモートサーバーの Web ブラウザーに戻り、Preupgrade Assistant Web UI を再読み込みします。

    Preupgrade Assistant web UI
  10. Web UI で、Preupgrade Assistant を実行して生成したアセスメントレポートを見つけて展開します。レポートの各項目を確認し、報告された問題を解決します。アセスメントの結果コードの詳細は、評価結果コード一覧 を参照してください。

    重要

    アセスメントレポートは、RHEL 7 へのインプレースアップグレードを完了した後に、特定のタスクを実行する必要がある場合があります。アップグレード後のタスクを書き留め、アップグレード後に実行してください。

  11. アップグレード前アシスタントを再度実行し、レポートを Web UI にアップロードします。新しい問題が解決しない場合は、アップグレードを続行できます。