第4章 タイムスタンプ関数

各タイムスタンプ関数は、その関数が実行されるときを示す値を返します。これらの戻り値は、イベント発生時やイベントの順序を示したり、2 つのタイムスタンプ間で経過した時間を算出したりするために使用されます。