第28章 Guru タップセット

障害を挿入したり、可観測性を改善したりするためにシステムの動作に意図的に干渉する関数。このタップセットのすべての関数は guru モード (-g) を使用する必要があります。