function::ustack


名前

function::ustack — ユーザースタックバックトレースの指定の深さでアドレスを返します。

概要

ustack:long(n:long)

引数

n
スタックで下がるレベルの数。

説明

単純な (ユーザー空間) バックトレースを実行し、指定された位置の要素を返します。バックトレース自体の結果はキャッシュされ、ustack が呼び出される回数や順序に関係なく、バックトレースの計算は最大で 1 回実行されます。