function::user_ulong_warn


名前

function::user_ulong_warn — ユーザー空間に保存された符号なし long 値を取得します。

概要

user_ulong_warn:long(addr:long)

引数

addr
符号なし long 値の取得元のユーザー空間アドレスです。

説明

指定のユーザー空間アドレスから符号なし long 値を返します。ユーザー空間データにアクセスできない場合は 0 を返し、障害についての警告が出されます (中止はしない)。符号なし long 値のサイズは、現在のユーザー空間タスクのアーキテクチャーによって異なることに注意してください (64/32 ビット互換タスクをサポートするアーキテクチャーの場合)。