function::user_string2_warn


名前

function::user_string2_warn — 代替警告文字列と共にユーザー空間から文字列を取得します。

概要

user_string2_warn:string(addr:long,warn_msg:string)

引数

addr
文字列の取得元のユーザー空間アドレス
warn_msg
データが利用できない場合に返す警告メッセージ。

説明

所定のユーザー空間メモリーアドレスから NULL 終端 C 文字列を返します。ユーザー空間データにアクセスできない場合 (稀なケース) は所定の警告メッセージを報告し、障害に関して警告します (ただし、中止しません)。