Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

function::user_string_n2_quoted


名前

function::user_string_n2_quoted — ユーザー空間から文字列を取得して引用符で囲みます。

概要

user_string_n2_quoted:string(addr:long,inlen:long,outlen:long)

引数

addr
文字列の取得元のユーザー空間アドレス
inlen
読み取る文字列の最大長(null で終了していない場合)
outlen
出力文字列の最大長

説明

指定のユーザー空間メモリーアドレスから C 文字列のlen 文字まで読み取り、出力不可能な ASCII 文字は、返される文字列の対応するエスケープシーケンスに置き換えられます。文字列は二重引用符で囲まれることに注意してください。指定のアドレスでユーザー空間データにアクセスできない稀なケースでは、アドレス自体は二重引用符なしで文字列として返されます。