function::user_string_n_warn


名前

function::user_string_n_warn — ユーザー空間から文字列を取得します。

概要

user_string_n_warn:string(addr:long,n:long)

引数

addr
文字列の取得元のユーザー空間アドレス
n
文字列の最大長 (null で終了していない場合)。

説明

所定のユーザー空間メモリーアドレスから n 文字までの C 文字列を返します。ユーザー空間データにアクセスできない稀な場合は <unknown> を報告し、障害について警告します (中止しません)。