function::uaddr


名前

function::uaddr — 現在実行しているタスクのユーザー空間アドレス

概要

uaddr:long()

引数

なし

説明

プローブが発生したときに現在のタスクが存在したユーザー空間のアドレスを返します。現在実行しているタスクがユーザー空間のスレッドでなかったり、アドレスが見つからない場合は、0 を返します。現在のタスクがどこで usymname または usymdata と組み合わされているかを確認するために使用できます。多くの場合、タスクはカーネルに入った VDSO にあります。